DHC 葉酸 口コミ

葉酸の流産防止効果について
Line

葉酸の流産防止効果について

流産というのは結果的に出産できない状態のことを言い、その家族は精神的ショックを受けます。

女性の自然妊娠率は年齢と主に低下していきます。

これと同じくらい流産率も高くなってしまいます。

そのため30代後半になるとやっとの思いで妊娠したのに流産してしまうと、強いショックを受けます。

実は葉酸はこの流産を防止することができるんですね。

これから葉酸の流産に対する効果について

・先天性障害

・化学流産

・稽留流産

この3点からくわしく説明します。


Line

先天性障害について

先天性障害というのは生れながらに障害を持ってしまうことを言います。

妊娠している女性全てが元気な赤ちゃんを望んでいますが、少数ですが脳や脊髄の成長が不完全のため障害児として出生することがあります。

脳に障害を持ってしまうと成長することはなく、流産してしまいます。

この原因は妊娠初期にあるんですね。

妊娠初期はお腹のなかで胎児が細胞分裂を繰り返しています。

この細胞分裂が少ないと障害が発生して脳や脊髄が不完全なまま産まれてしまいます。

しかし葉酸は細胞分裂を促進させる効果があるのでこれを防いでくれます。

妊娠初期は1ヶ月〜3ヶ月までですので葉酸をしっかり摂取する必要があります。

これは母子手帳にも記載されているんですね。


Line

化学流産について

化学流産とは一度着床した受精卵が排出されてしまう状態を言います。

排卵に合わせて性交渉することで受精卵ができますが、着床しなければ妊娠が成立しません。

なぜ着床ができないんでしょうか?

それは子宮内膜に問題があります。

子宮内膜が薄くて凹凸があると着床しづらいんですね。

ここで葉酸を摂取すると女性ホルモンの分泌量が増加して子宮内膜が厚くなり、着床しやすくなります。


Line

稽留流産について

稽留流産と出産前に胎児が死亡している状態を言います。

稽留流産は自覚症状がないので、検査で発覚することが多いです。

しかも発生率は約15%と高く、決して他人事ではありません。

稽留流産の原因は胎児の栄養不足です。

胎児は母体の血液によって栄養を受けています。

しかし母体の血行が悪いとうまく栄養が届かないんですね。

葉酸は母体の血行を促進させる効果があるので、妊娠後も定期的に摂取する必要があります。


Line

葉酸の流産防止効果のまとめ

葉酸の流産防止効果のまとめとして

・先天性障害

・化学流産

・稽留流産

この3点を説明しました。

つまり葉酸は妊活から出産まで継続して摂取したほうがいいんですね。

葉酸の摂取方法はサプリや食事など様々ですので、自分に合った方法を選びましょう。

Line