若年層が安心して子供が産める政策

若年層が安心して子供が産める政策
Line

若年層が安心して子供が産める政策


若年層が安心して子供が産める政策

少子化の原因の一つは若年層の収入の低下だと思います。

30代の男性でも年収が400万円以下という人が少なくありません。

この年収だと女性が専業主婦になって出産することが難しく、共働きの選択をしなければなりません。

共働きになると家事や育児の分担など、女性だけではなく、男性にも負担がかかってしまいますよね。

無理して子供を産むくらいなら諦めよう、と考えるのも不思議ではないでしょう。

高齢者の福祉も大事かもしれませんが、政府はもっと若年層の生活が安定するような政策を行う必要があるのでは、と思います。

出産する際の費用の全額負担、産休・育休期間中の収入の保障、進学時の手当の給付などの対策を行うと有効なのではないでしょうか。

どれだけ出産と育児に費用がかかるかを考えると、子供を諦めてしまいがちですが、意外とお金がかからないことが分かったらハードルが低くなるのではないでしょうか。

また、女性が働きながら育児しやすい体制を作るのも大事だと思います。

短時間勤務やローテーション勤務など、柔軟な勤務体制を整えると、安心して働くことができるのではないでしょうか。
Line